クリアパーツを鏡面仕上げに!プラモデルの透明パーツの磨き方

本ページはプロモーションが含まれています。

プラモデルのクリアパーツは、その透明感が魅力の一つですが、その美しさを最大限に引き出すためには特別な技術が必要です。この記事では、プラモデルのクリアパーツを鏡面仕上げにするための具体的な手順と、その際に必要となるツールや材料について詳しく解説します。ヤスリ掛けから始まり、コンパウンドを使った磨き上げ、そして最終的なクリアコートまで、一歩一歩丁寧に説明します。これらの手順を踏むことで、クリアパーツはピカピカと光を反射するほど表面が滑らかになり、透明度も高まります。これにより、作りこんだコックピットの中までしっかり見えるなど、実機のようなリアルな完成度を得ることが可能になります。

記事のポイント

  1. プラモデルのクリアパーツの塗装と仕上げの基本的なテクニック
  2. クリアパーツの接着剤の選び方とその適切な使用方法
  3. クリアパーツが割れた場合の対処法と修復方法
  4. クリアパーツの鏡面仕上げの手順とコンパウンドの使用方法
目次

プラモデルのクリアパーツ:基本知識と扱い方

  • プラモデル クリアパーツの特徴とその取り扱い
  • クリアパーツの接着剤とその選び方
  • プラモデル クリアパーツの接着剤の使い方
  • プラモデル クリアパーツ 割れの対処法
  • プラモデル クリアパーツ 曇りの原因と対策
  • プラモデル クリアパーツの磨き方
  • クリアパーツ 磨き コンパウンドの使い方

プラモデル クリアパーツの特徴とその取り扱い

プラモデルのクリアパーツは、その透明性から模型の中でも特別な存在と言えます。その透明感は、フィギュアやプラモデルにおいて、アイパーツやビーム等の発光部の再現を目的とした場合に使われます。また、反射や屈折が独特の輝きを生むため、特別感があり、プラモデルなどの玩具では限定品に採用されることも多いです。

しかし、その透明性が高いため、キズや汚れが全部見えてしまうというデメリットもあります。特に、間違った方法で接着すると、汚れて取り返しがつかなくなることもあります。そのため、接着剤の選択や使用方法は非常に重要となります。

クリアパーツの接着剤には様々な種類がありますが、それぞれに特徴と注意点があります。例えば、通常の接着剤はプラを溶かす性質があるため、はみ出し厳禁です。また、密閉された場所ではガスで溶ける恐れもあります。瞬間接着剤は、まず間違いなくクリアパーツを汚してしまいます。そのため、接着剤の選択と使用方法には十分な注意が必要です。

また、クリアパーツのキズやパーティングラインなどは、適切な手順で消すことが可能です。まず、キズのある部分やパーティングラインなどを1000~1200番程度のペーパーで削り落とします。その後、1500番で磨き、最終的には2000番以上の目の細かいペーパーで再度磨きます。出来れば、3000番以上で磨いておくと良い結果が得られます。

以上のような特性と取り扱い方を理解し、適切な方法でクリアパーツを扱うことで、プラモデルのクリアパーツはその透明感と特別感を最大限に活かすことができます。

プラモデル クリアパーツの接着剤とその選び方

クリアパーツの接着には、特別な接着剤が必要です。通常のプラ用接着剤は、プラを溶かしてくっつけるもので、クリアパーツも溶かしてしまいます。そのため、クリアパーツに対しては、プラを溶かさない接着剤を選ぶ必要があります。例えば、タミヤのクラフトボンドは、紙や布などプラスティック以外の素材を接着するために販売されていますが、クリアパーツの接着にも適しています。価格は200円程度で、超細い出口ノズルが特徴で、繊細な作業に使えます。

プラモデル クリアパーツの接着剤の使い方

接着剤の使い方も重要です。クリアパーツは、間違った方法で接着すると、汚れて取り返しがつかなくなります。接着剤を使う際は、「ほんの少量で、絶対にはみ出さないように」繊細な作業を心掛けることが大切です。また、飛行機のキャノピーなど密閉された場所の場合は、接着剤の揮発したガスがたまって、そのために表面(内側)が荒らされる場合もあるようです。このように、接着剤の使い方一つで、クリアパーツの見た目が大きく変わるのです。

プラモデル クリアパーツ 割れの対処法

プラモデルのクリアパーツが割れてしまった場合、その対処法は限られています。一般的な方法としては、割れた部分を接着剤で接着することが考えられます。しかし、この方法には注意点があります。接着剤がはみ出すと、クリアパーツが白く濁ってしまう可能性があるのです。そのため、接着剤を使う際は、ほんの少量で、絶対にはみ出さないようにすることが重要です。

さらに、クリアパーツの割れやキズを修復するための専門的な方法も存在します。それは、割れやキズのある部分を特定の番号のペーパーで削り落とし、その後、目の細かいペーパーで再度磨くというものです。具体的には、まず1000~1200番ぐらいのペーパーで削り落とします。その後、1500番で磨き、最終的には2000番以上の目の細かいペーパーで再度磨きます。さらに、可能であれば3000番以上のペーパーで磨くと良いとされています。

このように、割れたクリアパーツを修復するためには、接着剤の使用やペーパーによる磨き方など、様々な方法が存在します。しかし、これらの方法を試す前に、まずは自身のスキルレベルを考慮することが重要です。初心者の場合、これらの方法を試すことで挫折してしまう可能性もあります。そのため、自身のスキルレベルに合った方法を選ぶことが大切です。

プラモデル クリアパーツ 曇りの原因と対策

クリアパーツが曇る原因とその対策について詳しく説明します。クリアパーツはその透明性から、模型の中でも特別な存在と言えます。しかし、その透明性が高いが故に、キズや汚れが全て見えてしまうというデメリットもあります。特に、クリアパーツが曇るとその美しさが損なわれてしまいます。

その主な原因の一つが接着剤です。特に、瞬間接着剤は固まると周りが白くなるため、クリアパーツを汚してしまいます。そのため、クリアパーツの接着には、プラを溶かさない接着剤を選ぶことが推奨されます。

また、接着剤がはみ出すと、クリアパーツが白く濁ってしまう可能性があります。そのため、接着剤を使う際は、ほんの少量で、絶対にはみ出さないようにすることが重要です。これは、接着剤がクリアパーツの表面に残ると、その部分が白く濁って見えるためです。

さらに、接着剤の揮発したガスがたまると、そのために表面(内側)が荒らされる場合もあります。特に、飛行機モデルのキャノピーなど密閉された場所の場合は注意が必要です。

以上のように、クリアパーツの曇りは接着剤の選択や使用方法によって防ぐことが可能です。クリアパーツの美しさを保つためにも、正しい接着剤の選択と使用方法を心掛けましょう。

プラモデル クリアパーツの磨き方

クリアパーツの磨き方は、模型作りの中でも特に重要なスキルの一つです。特に、飛行機モデルのキャノピー部品などは、そのままだと完成後に目立つので、消しておいた方が良いとされています。また、クリアパーツの磨き方は、クリアパーツだけではなく、普通のパーツにも十分応用できるスキルであり、特に「無塗装派の方」は、ぜひ参考にしてみてください。

では、具体的な磨き方について説明しましょう。まず、キズのある部分やパーティングラインなどを1000~1200番ぐらいのペーパーで削り落とします。この段階では部品が一時的にキズだらけになってしまいますが、これは後で落ちるので心配は不要です。

次に、ある程度パーティングラインや最初のキズが消えてきたら、1500番のペーパーで磨きます。そして、最終的には2000番以上の目の細かいペーパーで再度磨きます。ここで注意すべきは、2000番以上の目の細かいペーパーで仕上げておかないと、最終的になかなかペーパーのキズが消えないという点です。そのため、ここはしっかりとペーパーを当てておくことが重要です。

プラモデルのクリアーパーツ/https://www.1mokei.jp/html/work_16.htm

プラモデルのクリアーパーツ/https://www.1mokei.jp/html/work_16.htm

そして、出来れば、3000番以上のペーパーで磨いておくと良いです。なぜなら、できるだけ目の細かいペーパーで仕上げておくと、後がラクになるからです。ペーパーがけが終わったら、ペーパーのキズをコンパウンドで磨いて消していきます。コンパウンドは最初は目の粗いものから磨いていくと効率がいいです。最初からあまり目の細いので磨いていくとなかなかキズが取れないので、この点にも注意が必要です。

以上が、クリアパーツの磨き方の基本的な手順です。これらの手順を踏むことで、クリアパーツはピカピカと光を反射するほど表面が滑らかになり、透明度も高まります。これにより、作りこんだコックピットの中までしっかり見えるなど、実機のようなリアルな完成度を得ることが可能になります。

クリアパーツ 磨き コンパウンドの使い方

クリアパーツの磨き上げにはコンパウンドの使用が不可欠です。コンパウンドは微細な研磨剤が含まれており、これにより表面が滑らかになり、透明感が増します。コンパウンドの種類は粗いものから細かいものまであり、順番に使用することで最高の結果を得ることができます。

例えば、タミヤの「フィニッシングマテリアルシリーズ」には、コース、ファイン、フィニッシュの3種類のコンパウンドがあります。これらはこの順番で使用し、クリアパーツを鏡面仕上げにすることが可能です。価格は各500円程度で、使い方も簡単なので、初心者でも挑戦しやすいです。

まず、粗目のコンパウンドで研磨を始めます。この段階では、表面に目立ったキズがなくなるまで磨き続けます。次に、細目のコンパウンドで研磨を行います。ここで透明度は一気に上がります。最後に仕上げ目のコンパウンドで研磨を行います。この段階で、クリアパーツはしっとりとした艶と抜群の透明度を持つようになります。

また、磨き終わった後でも、細かい磨きキズが残ってしまうことがあります。そのような場合は、最後に模型用のワックスを塗ると、キズが目立たなくなると言われています。

ただし、コンパウンドを使う際には注意が必要です。力を入れすぎると、コンパウンドでは取り除けない小さなキズが入りやすくなります。また、磨き終わった後にキズが消えない場合は、再度ペーパーを掛け直すことが推奨されています。

以上のように、コンパウンドを使うことで、クリアパーツの透明感と美しさを最大限に引き出すことができます。

プラモデルのクリアパーツ:塗装と仕上げのテクニック

  • プラモデル クリアパーツ 塗装の基本
  • プラモデル クリアパーツ クリア塗装の方法
  • プラモデル クリアパーツ 白化の対処法
  • プラモデル クリアパーツ ヤスリの使い方
  • クリアパーツ 仕上げのポイント
  • クリアパーツ 鏡面仕上げの方法

プラモデル クリアパーツ 塗装の基本

プラモデルのクリアパーツ塗装の基本とは、その透明感を最大限に引き立てるための特別な手法を用いることです。まず、クリアパーツの塗装には透明な塗料を使用します。これにより、パーツの透明感を維持しつつ、色を付けることが可能となります。また、塗装する際にはパーツの表面をきれいにすることが重要です。クリアパーツはキズや汚れが見えやすいため、塗装前にはしっかりと磨き上げることが必要です。

さらに、クリア塗装の際には薄く3~4回に分けて塗装→乾燥→塗装という手順を繰り返すことがポイントです。一度に大量に塗装してしまうと、塗料が流れてしまったり、デカールが溶けたり、シワが入るといったトラブルの原因となる可能性があります。

また、光沢を出すためのクリア塗装では、塗料の希釈が重要となります。

一般的には塗料1:溶剤1の希釈が行われますが、クリアによるオーバーコート塗装では、より塗膜が平滑な“鏡面仕上げ”を求められるため、さらに希釈する必要があります。例えば、ガイアノーツ Ex シリーズの「Ex-03 Ex-クリアー」の場合、塗料3:溶剤7まで希釈しないと、平滑な塗装面が得られません。

これらの手法を用いることで、クリアパーツの美しい透明感と色彩を最大限に引き立てることが可能となります。

プラモデル クリアパーツ クリア塗装の方法

プラモデルのクリアパーツに対するクリア塗装は、その透明性を活かすための特別な技術が必要です。クリア塗装のプロセスは、通常の塗装と大きくは変わりませんが、透明な塗料を使うため、塗りムラが出やすいという点に注意が必要です。そのため、薄めに何度も塗ることで、ムラを防ぎます。

具体的な手順としては、まず、塗料の希釈が重要です。例えば、「Ex-03 Ex-クリアー」の場合、塗料3:溶剤7まで希釈しないと、平滑な塗装面が得られません。また、クリア塗装は、薄く3~4回に分けて塗装→乾燥→塗装と重ねていくのがポイントです。一度に大量に吹き付けてしまうと塗料が流れてしまったり、デカールが溶けたり、シワが入るといったトラブルの原因になることがあるので注意が必要です。

さらに、クリア塗装の際には、下地の色が透けて見えるため、下地の色を工夫することで、さまざまな表現が可能になります。例えば、ブラックライトで発光するエナメル蛍光塗料を用いてスミ入れを行うことで、クリアパーツ全体に光が広がる独特の表現を実現できます。

以上のような手法を用いることで、プラモデルのクリアパーツに対するクリア塗装は、その透明感を最大限に活かすことが可能となります。

プラモデル クリアパーツ 白化の対処法

クリアパーツが白化する原因の一つに、接着剤が挙げられます。特に、瞬間接着剤は、固まると周りが白くなるため、クリアパーツを汚してしまいます。そのため、クリアパーツの接着には、前述の通り、プラを溶かさない接着剤を選ぶことが推奨されます。また、白化したクリアパーツは、再度磨き上げることで、透明感を取り戻すことが可能です。

プラモデル クリアパーツ ヤスリの使い方

プラモデルのクリアパーツのヤスリ掛けは、その透明性を保つために、特別な注意が必要です。まず、ヤスリ掛けをする際には、細かい目のヤスリを使うことが基本です。具体的には、ゲート跡やパーティングラインは400番程度の紙ヤスリでガリガリ削り落とし、その後に番手を細かい物に上げていき、仕上げは2000番くらいまで行います。また、ヤスリ掛けをする際には、一方向にしか動かさないことが重要です。これにより、キズが一定方向にしかつかず、磨き上げる際にムラが出にくくなります。さらに、ペーパーの番手が細かくなってきた頃には、ペーパーを1方向に動かさず、クルクルと磨くようにヤスると表面が滑らかに仕上がります。この手の作業が苦手な人は、目の細かいスポンジヤスリがオススメです。

オススメやすりはこちらの記事を↓

【2023年】ガンプラ向けのヤスリのおすすめ人気ランキング19選

https://my-best.com/1446

クリアパーツ 仕上げのポイント

クリアパーツの仕上げには、その透明感を最大限に引き出すための独特の手法が必要です。まず、ヤスリ掛けをした後は、1200~1500番程度の耐水ペーパーで表裏両面のサンディングを行い、表面を真平らにします。その後、2000番以上の目の細かいペーパーで再度磨き上げ、可能であれば3000番以上で磨いておくことが推奨されます。

塗装に移る前に、クリアパーツの表面をコンパウンドで磨きます。コンパウンドは最初は目の粗いものから磨いていくと効率が良いです。最初からあまり目の細いので磨いていくとなかなかキズが取れないため、この順番が重要です。

次に、クリア塗装を行います。クリア塗装は、薄く3~4回に分けて塗装→乾燥→塗装と重ねていくのがポイントです。一度にドバッと吹き付けてしまうと塗料が流れてしまったり、デカールが溶けたり、シワが入るといったトラブルの原因になることがあるので注意が必要です。

最後に、クリアコートをすることで、透明感を保ちつつ、キズからパーツを守ることができます。これらの手順を踏むことで、クリアパーツの透明感を最大限に引き出し、プラモデルの完成度を一段と高めることができます。

クリアパーツ 鏡面仕上げの方法

クリアパーツの鏡面仕上げは、その透明感を最大限に引き出すための方法の一つです。まず、ヤスリ掛けをした後は、しっかりと磨き上げます。その後、コンパウンドを使ってさらに磨き上げます。ここで使用するコンパウンドは、最初は目の粗いものから始め、次第に細かいものへと移行します。この過程では、タミヤのチューブタイプのコンパウンドが一般的に使用されます。そして、最後に、クリアコートをすることで、透明感を保ちつつ、キズからパーツを守ることができます。このように、鏡面仕上げは、時間と手間をかけて行うことで、最高の仕上がりを得ることができます。特に、仕上げ目コンパウンドを使用することで、クリアパーツはガラスのような透明感と艶を放つようになります。

プラモデル クリアパーツについて総括

記事のポイントをまとめます。

  • クリアパーツはその透明性から模型の中でも特別な存在
  • 透明感はフィギュアやプラモデルにおいて、アイパーツやビーム等の発光部の再現を目的とした場合に使われる
  • クリアパーツの接着剤には様々な種類があり、それぞれに特徴と注意点がある
  • クリアパーツのキズやパーティングラインは適切な手順で消すことが可能
  • クリアパーツの塗装には透明な塗料を使用し、パーツの透明感を維持しつつ色を付けることが可能
  • クリア塗装の際には薄く3~4回に分けて塗装→乾燥→塗装という手順を繰り返すことがポイント
  • クリアパーツが白化する原因の一つに接着剤があり、特に瞬間接着剤は固まると周りが白くなる
  • クリアパーツのヤスリ掛けはその透明性を保つために特別な注意が必要
  • クリアパーツの接着にはプラを溶かさない接着剤を選ぶ必要がある
  • クリアパーツが割れてしまった場合、その対処法は限られている
  • クリアパーツの割れやキズを修復するための専門的な方法も存在する
  • 自身のスキルレベルに合った方法を選ぶことが大切
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次