Windows11評判悪い?その背景と具体的な問題点を探る

本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、Windows11の評判が一部のユーザーからは悪いとされている理由を詳しく探ります。新しいOSのリリースには常に期待と不安が交錯しますが、Windows11は特にその両面が顕著に現れています。一方で新しい機能やデザインに期待を寄せるユーザーがいる一方で、互換性の問題やシステム要件の高さから評判が悪いと感じるユーザーもいます。この記事では、Windows11の評判が悪いとされる具体的な問題点やその背景を深堀りし、その理由を明らかにします。

記事のポイント

  1. Windows11の評判が悪い主な理由
  2. Windows11のシステム要件とそれが既存のハードウェアやソフトウェアとどのように相互作用するか
  3. Windows11の新しいユーザーインターフェース(UI)が一部のユーザーにとってどのような問題を引き起こしているか
  4. Windows11へのアップデートを検討する際の注意点と対策
目次

Windows11の評判が悪い理由とは?

Windows11は、その登場以来、一部のユーザーから評判が悪いという声が上がっています。その理由は何なのでしょうか?ここでは、Windows11がなぜ評判が悪いのか、その背景や具体的な問題点を詳しく解説します。

Windows11の不評の背景:具体的な数字と専門的な視点から

Windows11が不評である背景には、複数の要素が絡んでいます。まず、過去のWindowsOSのリリースパターンを見ると、新しいOSがリリースされても、ユーザーの約70%は旧バージョンで様子を見る傾向があります。これは、Windows7からWindows10への移行時と同様に、多くのユーザーが新しいOSへの切り替えをためらっている状況を示しています。

また、Windows11が短命に終わるとの予想もあり、多くのユーザーが次のOSのリリースを待つ選択をしています。この予想は、過去のWindowsOSのリリースパターン、特にWindows VistaやWindows 8のような短命に終わったOSの存在を考慮に入れたものです。

さらに、古いハードウェアやソフトウェアの足切りもWindows11の不評の一因となっています。具体的には、Windows11は新しいシステム要件を満たさない古いパソコンや、互換性のない古いソフトウェアを使用しているユーザーにとっては、アップデートが困難であるという問題があります。

これらの要素を総合すると、Windows11の不評の背景には、ユーザーの新しいOSへの慎重な態度、短命に終わるOSへの懸念、そして古いハードウェアやソフトウェアの足切りという3つの主要な要素があると言えます。これらの要素を理解することで、Windows11の現状とその将来についてより深く理解することができます。

Windows11のUI問題とその具体的な影響

Windows11のユーザーインターフェース(UI)の変更は、一部のユーザーにとっては使いにくさを感じさせる要素となっています。具体的には、タスクバーが中央に寄せられている点や、右クリックメニューが以前のようにすぐに展開されない点などが挙げられています。これらの変更は、特に長年Windowsを使用してきたユーザーにとっては、操作性の大幅な変更となり、使い勝手の悪化を感じさせています。

また、Windows11のUIはAppleのデザインを模倣しているとの指摘もあり、これが一部のユーザーからの批判を引き起こしています。具体的には、タスクバーの位置の変更や、右クリックメニューの操作性の変更などが、AppleのmacOSの操作感と似ているとの意見があります。

さらに、Windows11の新機能であるスナップ機能についても、一部のユーザーからは評価が分かれています。この機能は、ウィンドウを画面上の任意の位置に配置することを可能にするもので、一部のユーザーにとっては非常に便利な機能となっています。しかし、一方で、この機能の操作性については改善の余地があるとの意見もあります。

以上のように、Windows11のUIについては、その変更点が一部のユーザーにとっては使いにくさを感じさせる要素となっています。これらの問題を理解した上で、Windows11へのアップデートを検討する際には、自身の使用環境やニーズに合わせて、適切な判断を行うことが重要です。

Windows11が重たいとの声

Windows11は、そのシステム要件がWindows10よりも高いため、一部のユーザーから「重たい」との声が上がっています。具体的には、Windows11の推奨スペックは、プロセッサが1ギガヘルツ(GHz)以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)、メモリが4ギガバイト(GB)、ストレージが64GB以上となっています。これに対して、Windows10の推奨スペックは、プロセッサが1GHz以上のプロセッサまたはSoC、メモリが1GB(32ビット)または2GB(64ビット)、ストレージが16GB(32ビットOS)または20GB(64ビットOS)となっています。

Windows11Windows10
プロセッサ1GHz以上、2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSoC1GHz以上のプロセッサまたはSoC
メモリ4GB1GB(32ビット)または2GB(64ビット)
ストレージ64GB以上16GB(32ビットOS)または20GB(64ビットOS)

このように、Windows11のシステム要件はWindows10と比較して大幅に高くなっており、特にメモリとストレージの要件が大きく増えています。このため、Windows10をもともと搭載していたパソコンからWindows11にアップデートすると、動作が重くなる可能性があります。特に、CeleronなどのCPUを搭載した廉価版ノートパソコンなどでは、この問題が顕著に現れる可能性があります。

このような状況を踏まえて、Windows11へのアップデートを検討する際には、自身のパソコンのスペックを十分に確認し、Windows11のシステム要件を満たしているかどうかを確認することが重要です。また、Windows11へのアップデート後にパソコンの動作が重くなった場合には、Windows10に戻すことも検討するべきです。

Windows11と古いOfficeの互換性問題

Windows11と古いバージョンのOfficeとの互換性については、特にOffice 2013を使用しているユーザーにとって深刻な問題となっています。具体的には、Windows11ではOffice 2013がサポートの対象外となっており、その結果、Windows11へのアップデートにより、Office 2013の使用に支障をきたす可能性があります。

この問題は、Office 2013を仕事で使用しているユーザーにとっては特に深刻で、新しいOfficeを追加で購入する必要が生じ、それにより費用が増大する可能性があります。また、Officeだけでなく、他のソフトウェアでもWindows11への対応が進んでいないものが多く、Windows11へのアップデート前に、使用しているソフトウェアがWindows11でも使用可能かどうかを確認する必要があります。

このような状況を踏まえると、Windows11へのアップデートは、ユーザーにとっては新しい機能やセキュリティの強化といったメリットだけでなく、Office 2013などの古いソフトウェアとの互換性問題というデメリットも伴います。そのため、Windows11へのアップデートを検討する際には、これらの点を十分に考慮することが重要となります。

Windows11の無償アップグレード期間とその限界

Windows11は、一定期間無償でアップグレードできるというメリットがありますが、その期間には限りがあります。また、無償アップグレードが可能なのは、一部の条件を満たしたユーザーだけであり、全てのユーザーが無償でアップグレードできるわけではありません。

Windows11の評判が悪い点とその対処法

Windows11の評判が悪い理由を理解した上で、それらの問題にどのように対処すればよいのかを見ていきましょう。ここでは、Windows11の問題点とその対処法を具体的に解説します。

Windows11へのアップデートに関する詳細な注意点

Windows11へのアップデートは、一見魅力的に見えますが、実際には多くの注意点が存在します。特に、性能の低いパソコンではアップデートできない可能性があります。具体的には、Microsoft社の公表によれば、Windows11の最低要件は、64ビットの1GHz以上の2コアプロセッサ、4GB以上のRAM、64GB以上のストレージとなっています。これらの要件を満たさないパソコンでは、Windows11へのアップデートは不可能です。

また、Windows11 Homeエディションでは、インターネットへの接続が必須となっています。これは、初回セットアップ時にMicrosoftアカウントへのサインインが必要であるためです。インターネット環境が不安定な場所では、セットアップが困難になる可能性があります。

さらに、Windows11へのアップデートは、一部のソフトウェアやハードウェアとの互換性を失う可能性があります。例えば、古いバージョンのOfficeはWindows11ではサポートの対象外となっており、新しいOfficeを購入する必要があります。また、一部の古いプリンターやスキャナーなどの周辺機器も、Windows11では正常に動作しない可能性があります。

これらの点を理解した上で、自分のパソコンがWindows11に適しているかどうかを判断することが重要です。また、Windows11へのアップデートは、2025年まで無償で提供される予定ですので、焦ってすぐにアップデートする必要はありません。Windows10が気に入っているなら、引き続き使い続けることも一つの選択肢です。

以下に、各メーカーとモデルの特徴を表にまとめました。

メーカーモデル名特徴
レノボ(Lenovo)Yoga 7i Gen 8 82YL0051JP2.8K解像度の有機ELディスプレイ、第13世代Core i7、16GBメモリ、360°回転するヒンジ
レノボ(Lenovo)IdeaPad Slim 5 Gen 8 82XE0047JPRyzen 5プロセッサ、16GBメモリ、1920×1200ピクセル表示の14インチ液晶
レノボ(Lenovo)Legion 560 82JU00T7JPRyzen 7プロセッサ、16GBメモリ、15.6インチのフルHD液晶、GeForce RTX 3060
日本電気(NEC)LAVIE N13 PC-N1375FLスリムでコンパクト、Windows Hello対応の顔認証システム、最大約18時間駆動のバッテリー
日本電気(NEC)LAVIE N15 PC-N1585EALCore i7プロセッサ、16GBメモリ、フルHD解像度の15.6インチ液晶、Wi-Fi 6E規格対応
日本電気(NEC)LAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750FALカーボン素材の筐体、約887gと軽量、ミーティング機能搭載
マイクロソフト(Microsoft)Surface Laptop 5 QZI-0002013.5インチのマルチタッチディスプレイ、第12世代Core i5、8GBメモリ
マイクロソフト(Microsoft)Surface Go 3 8VA-00015インテルのPentiumプロセッサ、重さ544g、最大11時間駆動のバッテリー
エイスース(ASUS)Vivobook S 14X OLED M5402RA-M9064W14.5インチの有機ELディスプレイ、8コア16スレッドのRyzen 7プロセッサ、16GBメモリ
LGエレクトロニクス(LG Electronics)gram 16ZB90R-MA78J16インチ液晶、重さ約1190g、最大30時間駆動のバッテリー
エイスース(ASUS)ROG Strix G16 G614JU-I7R4050GeForce RTX 4050、16インチ液晶、最大165Hzの高リフレッシュレートパネル

この表は、各メーカーとモデルの主な特徴を一覧で確認できるように作成しました。それぞれのモデルは、特定の用途やユーザーのニーズに合わせて設計されています。

Windows11のバグとその対策

新しいOSのリリース初期には、バグが多いことが一般的で、Windows11もその例外ではありません。具体的には、音が出なくなる、ドライバが破損して周辺機器が使えなくなるなど、多くのユーザーから「バグが多い」との報告が寄せられています。これらのバグは、OSの未完成な部分を示しており、ユーザーにとっては大きな問題となります。

これらのバグに対する対策としては、まず最初に推奨されるのが定期的なアップデートです。OSのアップデートにより、新たに発見されたバグの修正が行われ、システムの安定性が向上します。そのため、Windows11を使用するユーザーは、定期的なアップデートを行うことが重要となります。

また、重大なバグが発生した場合には、Microsoftのサポートに問い合わせることも重要です。Microsoftのサポートは、ユーザーが遭遇した問題の解決を支援します。特に、自力で解決できないような複雑な問題や、システム全体に影響を及ぼすような重大なバグについては、専門的なサポートを受けることが推奨されます。

しかし、これらの対策も万能ではありません。一部のバグは、アップデートやサポートによる対応を待つしかない場合もあります。そのため、Windows11を使用する際には、バグに遭遇した場合の対策をあらかじめ考えておくことが求められます。

Windows11を10に戻す方法

Windows11にアップデートした後で、何らかの理由でWindows10に戻したいというユーザーもいます。Windows11からWindows10に戻す方法は、アップデート後10日間まで可能です。ただし、このロールバック機能を利用するには、アップデート時のWindows.oldフォルダを削除しないように注意が必要です。

Windows11のゲーム性能についての評判

ゲームを楽しむユーザーにとって、OSのゲーム性能は重要な要素です。Windows11のゲーム性能については、一部のユーザーからは評判が悪いとの声が上がっています。しかし、これはゲームの種類やプレイ環境により異なるため、具体的な評価は難しいところです。

具体的には、Windows11はDirectX 12以上(WDDM 2.0ドライバー)に対応している必要があります。これは、ゲームの描画性能に直結する要素であり、古いグラフィックスカードを使用しているユーザーにとっては、Windows11へのアップデートはゲーム性能の低下を引き起こす可能性があります。

また、一部のゲームは、Windows11の新しいセキュリティ機能に依存しているため、Windows10ではプレイできなくなる可能性があります。これは、特にチート対策ツールを使用しているゲームで顕著で、公平なプレイ環境を保つためにWindows11のセキュリティ機能が必要となるケースが増えています。

これらの情報を踏まえると、Windows11のゲーム性能についての評判は、ユーザーの使用環境やゲームの種類により大きく変わることがわかります。そのため、Windows11へのアップデートを検討する際には、自身のゲーム環境やニーズに合わせて、適切な判断を行うことが重要です。

Windows11の評判の最新情報(2023年)

2023年の最新情報としては、Windows11の評判は依然として分かれています。一部のユーザーからは、新しいUIや機能の追加による利便性の向上を評価する声もあります。しかし、一方で、前述の通り、パフォーマンスの問題や互換性の問題などから、評判が悪いという意見も根強く存在しています。

特に、Windows11へのアップデートにより、古いハードウェアやソフトウェアが使用できなくなるという問題は、多くのユーザーにとって大きな懸念材料となっています。また、Windows11のアップデートは一部のユーザーにとっては無料ですが、将来的には有償化される可能性もあります。これらの情報を踏まえて、ユーザー自身がWindows11へのアップデートを検討する際には、十分な情報収集と慎重な判断が求められます。

以上が、Windows11の評判が悪い理由とその対処法についての解説です。Windows11は新しいOSであり、その評判はユーザーの使用環境やニーズにより大きく変わる可能性があります。そのため、Windows11へのアップデートを検討する際には、自身の使用環境やニーズに合わせて、適切な判断を行うことが重要です。

windows11 評判 悪いについての総括

記事のポイントをまとめます。

  1. Windows11の評判が悪い背景には新しいOSへの慎重な態度、短命に終わるOSへの懸念、古いハードウェアやソフトウェアの足切りがある
  2. Windows11のユーザーインターフェース(UI)の変更が一部のユーザーにとって使いにくさを感じさせる要素となっている
  3. Windows11の評判は依然として分かれており、一部のユーザーからは新しいUIや機能の追加による利便性の向上を評価する声もある
  4. Windows11へのアップデートにより、古いハードウェアやソフトウェアが使用できなくなるという問題が多くのユーザーにとって大きな懸念材料となっている
  5. Windows11のアップデートは一部のユーザーにとっては無料だが、将来的には有償化される可能性もある
  6. Windows11へのアップデートは、性能の低いパソコンではアップデートできない可能性がある
  7. Windows11 Homeエディションでは、インターネットへの接続が必須となっている
  8. Windows11へのアップデートは、一部のソフトウェアやハードウェアとの互換性を失う可能性がある
  9. Windows11のリリース初期には、バグが多いことが一般的で、音が出なくなる、ドライバが破損して周辺機器が使えなくなるなどの報告が寄せられている
  10. Windows11のUIはAppleのデザインを模倣しているとの指摘もあり、これが一部のユーザーからの批判を引き起こしている
  11. Windows11の新機能であるスナップ機能についても、一部のユーザーからは評価が分かれている
  12. Windows11のシステム要件はWindows10と比較して大幅に高くなっており、特にメモリとストレージの要件が大きく増えている
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次